製品事例

積層モータコア部品

ミツワ精機製作所では精密プレス加工、カシメ加工の技術を使い、積層のモータコア部品の製作もさせて頂いております。
弊社が得意としているのは、積層順送金型を用いた月産10,000個以上の量産ですが、試作、開発に関しても、引き受けさせていただいております。試作、開発にあたっては、量産を見据えての金型製作をしております。
ステッピングモータ用・金属部品の試作等もお受けしておりますので大量生産でなくても、ご相談下さい。

金型からプレス製品までの一貫生産

金型からプレス製品までの一貫生産

弊社はプレスに使用する金型の製作からプレス、その後の2次加工、検査まで一貫して対応しております。品質管理も自社内でISO事務局を設置し、お客様の信頼に応えらえる体制を整えています。

一貫生産体制を見る品質管理体制を見る

ワイヤーカットによる金型製作

ワイヤーカットによる金型製作

弊社の金型は主にワイヤーカットを利用して製作をしています。その為金型の費用を抑えることができ、全体のコストを抑えて量産プレスの加工を可能にしています。


積層モーターコアとは

コア(鉄心)とは磁束の通路のことで、電機子回路を構成するロータ鉄心では回転とともに磁束が変化する特性を利用した積層コアが用いられます。
積層している板材が薄くなればなるほど、モーター特性は向上します。

モーター用積層コアの加工方法

カシメ方式

■カシメ方式

2つ以上のパーツをカシメてプレス接合をする方式

カシメるところに金型の精度が要求されますが、プレス以降の過程を自動化できるため、他の方式と比べて安価に供給ができます。

■用途

ロボット用、自動車用、医療機器用




レーザ溶接方式

■レーザ溶接方式

積層パーツを溶接技術で接合をする方式

レーザ溶接機が必要であり、カシメ方式と比べて、コスト高になりますが、金型の精度は要求されず、小型化に対応することができます。

■用途

スマートフォン用、極小モーター用




接着方式

■接着方式

積層パーツに接着剤を塗布して積層固着する方式

他の方式と比べ、加工時間等がかかるためコスト高になりますが、金型の精度は要求されず、他の方式と比較してモーター特性が向上します。

■用途

医療機器用


弊社の取組

弊社ではすべてカシメ方式でのモーターコアの制作をしていますが、他の方式と比較してモーター特性が落ちることになります。ただ、このカシメ方式は、積層する板材が薄板化するほどモーター特性が向上します。
一般的な板材は0.35mm〜0.50mm電磁鋼板ですが、この厚さをを0.1mmまで薄くできるように、薄板材による積層コア加工への挑戦を、2017年よりスタートさせました。

製品事例

積層モータコア部品
材質 35H360
用途 車載用モーターコア
厚板 t=0.35×11枚
サイズ Φ14.4mm
ロット 100000個/月〜
加工業務 金型製作(順送2ヶ取り)
プレス加工
最終検査
積層モータコア部品
材質 50H470
用途 健康機器用モーターコア
厚板 t=0.5×H14.5〜
サイズ Φ25.5mm〜
ロット 20000個/月〜
加工業務 金型製作(順送2ヶ取り)
プレス加工
最終検査
積層モータコア部品
材質 35H360
用途 自動開閉ドア用モーターコア
厚板 t=0.35×H12.95
サイズ Φ85.0mm
ロット 1000個/ロット
加工業務 金型製作(順送)
プレス加工
最終検査


光学業界部品
材質 SUVP
用途 医療用モータコア
厚板 t=0.2×5枚
サイズ 1mm〜2mm
ロット 100,000個/月〜
加工業務 金型製作
プレス加工
最終検査
光学業界部品
材質 35H270
用途 カメラ手振れ防止用モータコア
厚板 t=0.35×4
サイズ 4mm×6mm
ロット 50,000個/月〜
加工業務 金型製作
プレス加工
最終検査
最終検査
光学業界部品
材質 50H470
用途 ブラウン管用モータコア
厚板 t=0.5×4
サイズ 30mm〜40mm
ロット 50,000個/月〜
加工業務 金型製作
プレス加工
最終検査


HOME  会社概要  技術情報  品質管理体制  一貫生産体制  製品事例  積層モータコア部品  設備一覧  採用情報・社内活動  お問い合わせ
▲ ページトップへ